射水市戸破地域振興会

〒939-0351 富山県射水市戸破2917
tel 0766-55-3948

立山連峰

戸破の読み方

「戸破」と書いてどのように読みますか?「とば」あるいは、「とやぶり」ですか?などとよく言われます。私たちの住んでいる町は「ひばり」といいます。初めての方はほとんど”ヒバリ”と言われる方は、いらっしゃいません。
こんな、戸破地区及び三ケ地区の旧北陸道沿いは、加賀藩の宿場町として栄え、現在も往時のにぎわいをしのばせる歴史的 建物が多く残る一方、近年では、"あいの風鉄道"南側に住宅街や商業ゾーンの進展にともない、射水市でも発展の著しい地域である。

戸破地区の歴史

戸破地区には、大きく分けて"戸破地区"と"手崎地区"がある。
戸破の地は、古くは、高寺(鷹寺)の部落が一番古く、その近くに人々が集まり次第に家数も増えて、北手崎・針原・長面・末永・島・高畑をまとめて「戸破」と言った。
戸破の地名起源には、確かなものはないと言われているが、古くは田を耕すのに、大変、 水が不足したので、信州戸隠へ水をもらいに行った。それから、戸を破るほどの大雨になったので、戸破になったと伝わっていたり、またこの村をひらいた武士の名であるとも伝わっている。今は、「ヒバリ」と言っているが、元来は「ヘバリ」である。
また 、手崎は荒野であったのを寺崎一族の手によって開拓され、開拓が進むにつれて多くの民家が立ち並び、住民の必需物資を自由にもちよって販売する楽市が出来、繁盛していた。地名の起源は、寺崎一族が開拓したことからもとは、「テラサキ」と呼ばれていたが、略して「テサキ」と呼ぶようになり「手崎」と書くようになったと伝えられている

もっと詳しくは、こちらから(PDFファイル)→越中国射水郡戸破村の事ナド(その一)

もっと詳しくは、こちらから(PDFファイル)→越中国射水郡戸破村の事ナド(その二)

もっと詳しくは、こちらから(PDFファイル)→越中国射水郡戸破村の事ナド(その三)